業務案内

あさひ人事労研3つの基本コンセプト

>労務リスク管理事業〜労務リスクを下げる

労使トラブルは、増加の一途を辿っており、あっせん制度や労働審判等の制度充実の下、従業員が会社に請求をおこす、会社を訴えることは、日常の一コマになりつつあります。 そもそも現在の労働法規は、従業員の保護を前提にしているので、会社側は相当な準備や工夫をしておかないと、かなりのリスクを負うことになります。 会社と従業員との良好なパワーバランスを維持すべく、あさひ人事労研は、使用者(会社)の側に立ち、問題を起こさない(予防)と、発生した問題の早期解決(治療)をサポートします。

労務しんだん、諸書式整備・手続き
まずは問題点・リスクの棚卸、重要部分についてスピーディーに診断します。 次に、労働契約書、就業規則、労使協定、その他労務リスクを減らす書式を整備していきます。
定期労務支援
日々の労務ご相談対応や有期雇用管理等はもちろん、従業員の環境の変化等により、留意すべき事案を見通し、問題発生を予防していきます。 また、懲戒処分や解雇・退職勧奨といったデリケートな措置についても、きめ細やかにご支援します。
労働基準監督署調査・個別労使紛争あっせん対応
労働行政による調査の対応や、個別労使紛争における、あっせん制度の使用者側代理業務に対応しております。 また、労働審判等の法的手続きに際して、さまざまな情報整理・分析を通じて、使用者・代理人の後方支援にも対応しております。
採用時リスク管理支援
採用選考の際に、問題点や会社とのミスマッチを、どこまで把握できるか…入口での対応が肝要です。 より細やかな面談を実施するためのWEB事前面談や、提携専門業者の適性検査等で、そのご支援を致します。

アウトソーシング事業〜労務コストを下げる

月次・年次の労務手続きや計算業務は、外部資源を活用することが、間接コスト引き下げに大きく寄与します。 労務関係は、非常に大切でありますが、直接収益を生み出さない業務ですから、切り出せるものは外注化を図り、費用対効果を高めたいものです。 あさひ人事労研では、お客様の費用対効果を高めるべく、労働社会保険手続きや賃金管理といった専門的業務について、お客様にマッチしたサービスを提供しております。
(電子申請等、業務効率化を進めております。)

労働社会保険手続き代行
複雑・煩雑で、改正の多い労働保険・社会保険の手続きを代行しております。 解釈によって判断が分かれるような曖昧な事案も、多角的な検討・検証にて、対応致します。
賃金管理
毎月の給与計算や、賞与計算等の賃金管理を行っております。 単なる数値処理ではなく、お客様の規定・慣行等を加味したうえで、計算判断から関与し、対応致します。

人事コンサルテーション事業〜生産性を上げる

人事施策はさまざまにあると思いますが、人事は雇用契約である以上、心臓部分は何と言っても、賃金制度の構築・整備だと考えます。 どのような仕組みで、賃金が決まるのか「見える化」すること…モチベーションと帰属意識の高まりが、定着と生産性UPにつながります。 また、どのようなルールによって賃金が下がるのか等…マイナス処遇や、さまざまな状況も想定して、制度を構築していきます。

しくみ作り
その会社にマッチした、人事制度(処遇・賃金制度等)の構築・見直しをお手伝いします。 極力シンプルなしくみで、柔軟に運用でき、メンテナンスを加えながら継続しうる制度構築をご提供します。
人事制度運用支援
制度構築後の運用をお手伝いさせていただきます。 人事考課の準備・集計や、最終考課結果を受けての賃金等改定作業を、ご支援致します。
pagetop